鹿児島市の歯科医院 こまい歯科医院 インプラント/審美歯科/ホワイトニング/セラミック/白い歯/矯正/痛くない/歯医者

補綴修復治療

 歯列矯正やホワイトニングは、自分の歯を綺麗に並べたり白くしたりする治療で、これだけで終われば理想的と言えます。これに対して、これから説明する補綴修復治療は、自分の歯にセラミックの歯を被せたりする治療で、大抵は歯を削らなければなりません。

 ホワイトニングでは綺麗にできない歯や、虫歯の治療として行う場合は補綴修復治療を行う事になります。

 保険治療でも前歯は白くできますが、より美しく自然の歯と見分けの付かない歯を入れたい時や、より耐久性のある治療をしたい時は保険ではできません。また、奥歯に白い歯を被せたい時も保険ではできません。



ポーセレンラミネートベニアとダイレクトベニア


 

 

 




 この症例は歯に縞模様が見られ、全体に透明感が無く特有の色を呈しています。これは、幼児期にテトラサイクリンという抗生物質を使用した副作用による物で、昭和40年代生まれの人に多く見られます。ホワトニングでは綺麗にできない典型的な症例です。

 このような場合、通常はポーセレンラミネートベニアという方法で治療します。これは、歯の表面を少しだけ削って、下の写真のような、ちょうど付け爪のようなセラミックの薄いシェルを張る付ける方法です。仕上がりはとても自然な物となりますが、すべて行うと、前歯だけでも全部で12本のセラミックの歯を使用することになり、かなり高額な治療となります。


 これに代わる治療法として、ダイレクトベニアという方法があります。これは、歯の表面に高品質の樹脂を直接盛りつけていく方法で、ポーセレンラミネートベニアほどの美しさや耐久性は得られませんが、治療費は3分の1で済みます。
 上の写真は、まず上の前歯6本をダイレクトベニアにて修復した所です。ご本人の希望により、歯は全く削っていません。少し歯を削ると、下の写真のように色も形もさらに自然に仕上げることができます。歯並びも多少は改善できます。

 空隙歯列(すきっ歯)もこの方法なら、歯を全く削る事なく改善できます。この場合は、歯の表面全体に樹脂を張り付けるのではなく、継ぎ足すような治療になります。(ダイレクトボンディングといいます)



 

 

 




セラミッククラウン

 審美歯科治療で最もポピュラーな方法は、歯を削ってセラミックの歯を被せる方法です。全く同じ白さでも、紙の白さ、プラスチックの白さ、陶器の白さはすべて違って見えますね。現在、歯の白さを最も表現豊かに再現できるのはセラミックです。そして、セラミックの色は永久的に変わりません。そのため、審美歯科治療では、セラミックによる修復が中心となります。

 従来から、セラミックは脆いので単独では欠けやすいという欠点がありました。そこで、内側に芯として金属を使用し、それにセラミックを焼き付けて強度を確保したメタルボンドが広く普及しています。

 それに対して、すべてセラミックでできた物はオールセラミックと呼ばれ、中に金属が入っていないので、光の透過性に優れ、メタルボンドよりも美しい歯が作れます。また、オールセラミックは金属を使用していない為に、金属アレルギーの心配もありません。このように審美歯科の観点からは非常にすぐれたオールセラミックですが、脆くて割れやすい性質の為に、適応症が限られていました。

 これらの長所を併せ持つのが、最近登場した次世代のオールセラミック、「ジルコニアボンド」です。これは、上述のメタルボンドのメタルの代わりに、人工ダイヤモンドにも使われるジルコニアを使った物です。これは、美しさと強度を兼ね備えた優れたオールセラミックで、今後セラミック修復の主役となっていくでしょう。


 

 

 

 



上の写真は左右とも左から順に、従来のオールセラミック、ジルコニアボンド、メタルボンドです。外から見るとほとんど変わりませんが、光の透過性が違うので、実際に削った歯に装着した時は透明感にかなりの差があります。

 セラミック修復治療は、真ん中の歯を1本だけ修復するのが最も難しい治療です。もう1本の真ん中の歯とほんの少しでも違っていると、すぐに判るからです。このような困難な条件での3種類のセラミック治療を比較してみましょう。

メタルボンド


矢印の2本の歯がメタルボンドで、他は天然歯です。このように、自分の歯に透明感が無い場合は、メタルボンドでも十分に再現できます。この写真は当院で装着後10年以上経過していますが、セラミックはこのように、何年経過しても変化しないのが特長です。

オールセラミック


矢印の歯がオールセラミックで、他は天然歯です。オールセラミックではこのように透明感のある歯でも容易に再現できます。ただし、脆いと言う欠点があります。

ジルコニアボンド


矢印の歯がジルコニアボンドで、他は天然歯です。ジルコニアボンドはこのように透明感のある歯でも再現できます。強度もメタルボンドと変わりません。

 このほかに、最近の話題として、e.max(イーマックスと読みます)やZ冠があります。これらのセラミックは従来のセラミックと比較して強度が強く、安価であるという特徴から、人気急上昇中です。ただし、色がほぼ決まっていて微妙な調整ができないので、前歯を1本だけ修復する場合には向いていません。奥歯の銀色が気になる人にぴったりです。特にe-maxは、色自体は美しいので、前歯をすべてセラミックにしたい人で、価格を安く抑えたい人にも向いています。


 

 

 

 



銀歯のところを元とほぼ同じ形でジルコニアボンドとe.maxに作り替えました。両方ともe-maxにしても十分審美的です。この例のように、e.maxは被せる形でも詰める形でも適しています。費用もリーズナブルなので、奥歯では最近、e.maxを選択する人が多くなっています。

前の項目次の項目

こまい歯科医院
〒891-0102 鹿児島県鹿児島市星ケ峯4-14-1
099-284-7207