鹿児島市の歯科医院 こまい歯科医院 インプラント/審美歯科/ホワイトニング/セラミック/白い歯/矯正/痛くない/歯医者

PRP

 皮膚や粘膜が切れると血が出ます。その後血が固まって、いわゆるカサブタが出来て治っていきます。このカサブタには傷を治す為の大切な成分が含まれているのです。その成分の働きで皮が出来て、その下では血管が再生され、肉が出来て治っていくのです。その成分は、もともと血液の中の血小板に含まれていた成長因子という成分です。成長因子には、毛細血管の再生を早める成長因子、将来肉などになる線維芽細胞という細胞を作る成長因子など、様々な種類があります。


 中学や高校で血液の事を習いましたね。血液の中には赤血球や白血球や血小板が含まれていて、出血するとそこに血小板が集まってきて、その働きで血が止まるのでしたね。傷口に集まってきた血小板には成長因子がたくさん含まれているので、止血した後はその成長因子の働きで傷が治っていくのです。

 それなら、手術のときに成長因子を塗り込めば傷が早く治りそうですね。その目的で使われるのがPRPです。PRPとは多血小板血漿の英語の略語で、要するに患者さんの血の血小板を高濃度に濃縮したものです。そこには高濃度の成長因子が含まれています。

 インプラント治療の時に、インプラントフィクスチャーにPRPを塗ると骨との結合が早くなります。また、骨造成手術の時にPRPを使うと骨が出来るのが早くなります。また、傷口を縫合する前にPRPを塗ると傷がとても早く治ります。

  PRPは患者さんの血液を採取して、血小板を濃縮して作るので採血が必要ですが、インプラント治療に使う時は、採血するのはほんの少しの量です。PRPは、使用時に凝固剤としてウシから精製されたトロンビンという成分を使う事が多く、これがPRPの欠点のひとつとされていますが、当院ではこのトロンビンも患者様の血液から精製しており、100パーセント患者様血液由来ですのでご安心下さい。
 
 PRPと同じ仲間にPRF(CGF)があります。精製の仕方が簡単なため、最近ではこちらが普及していますが、両者には一長一短があります。当院ではどちらも対応可能ですので、症例により使い分けています。



PRP精製用の採血セット
血小板濃縮用の遠心分離機

前の項目次の項目

こまい歯科医院
〒891-0102 鹿児島県鹿児島市星ケ峯4-14-1
099-284-7207